紅葉と紅葉について

日本の秋と言ったらやはり紅葉だ。
秋が深まってくると紅葉シーズン到来で、デートスポットもたくさん登場してくる。
関東や関西だけではなく、日本に紅葉スポットが有ります。
別に関西ではデートスポットというだけでなく、名勝としても紅葉狩りが遊べる様でオススメの場所だ。

パソコンで「こうよう」と打っても「もみじ」と打ってもおんなじ「紅葉」という文字が出力されます。
違う読み方なのにおんなじ漢字を書くのですが、その意味は違うと言うのはご存知でしたでしょうか。

【紅葉(こうよう)】
これは落葉樹が秋から冬にかけ、樹から葉が落ちる前に赤や黄色に色が変わっていくときの事を指しています。

【紅葉(もみじ)】
楓(かえで)の仲間で特に色を入れ換える種類の事を「もみじ」と呼んでいます。
その為、もみじもかえでもカエデ科カエデ属の植物という事になります。
そのカエデの中でも子供の手の様な形をした葉の事をそれほどもみじという様に区別して一派的には呼んでいる様です。

この様に紅葉(こうよう)と紅葉(もみじ)には違いがあるという事がお分かりいただけたと思います。
通じる様で、意味は違うのですね。
紅葉(もみじ)は一部中国や朝鮮半島に自生している種類もある様ですが、基本的には日本で自生している様で、桜と並ぶ日本を代表する植物と言って良いみたいです。
対して楓(カエデ)は世界中に自生してる様で、カナダの国旗にも使われていますよね。
英語で「かえで」は「メープル」と呼ばれていて、かえでの樹液から作られたシロップがメープルシロップになる様です。

日本では「もみじまんじゅう」が有りますね。
これは紅葉を使っているのではなく、もみじの形をした人形焼きの様な物で、宮島名物のお菓子となっています。

「紅葉狩り」も本当は「もみじ」をいくというではなく、紅葉(こうよう)やる様子をいくというのが正解かもしれませんね。
愛らしい色合いの木々を眺めながらドライブしたりデートと秋ならではのイベントだ。
よく考えた事がない「もみじ」と「こうよう」ですが、ちゃんと考えてみると意味も違っていておかしいですよね。https://www.designer-cake-creations.co.uk/