春の知床スノーシュートレッキング

北海道新幹線も開通し、一段と北海道を身近に見て取れるようになりました。
ゴールデンウィークはこんな北海道に旅行に行かれてみてはいかがでしょうか。

知床は北海道の中でも雪解けがまったく鈍い場所だ。
今ではユネスコの世界自然遺産にも登録され一躍有名になった場所ですが、ゴールデンウィーク限定の特別なツアーで楽しむことができます。

知床も雪解けが始まって掛かる地帯から離れて、さらに上の羅臼湖にかけての雪山散策は、山好きや雪景色が好きな方にはたまりません。
標高600m〜700mの亜高山帯をスノーシューで散策するツアーがあります。
真っ白い雪原をスノーシューを使えば、ふわっとパウダースノーを清々しく歩けるのが魅力です。

スノーシューは、日本でいうところの「かんじき」ものの物で、初めての人でも簡単に、しかも、子供からお年寄りまで、気軽に雪あそびが味わえる道具だ。
スノーシューとして森をあるくことをスノーシューイングと言いますが、スノーシューイングは現在、大人気のウインタースポーツでもあります。

雪融けとともにはじまる知床の春ですが、知床横断道路が開通したら、羅臼湖シーズンも開始だ。

羅臼湖登山道入り口から羅臼湖までは片道約3kmほど、往復6kmの散策になります。
登山道入口付近からのアプローチは、緩斜面中心のそこそこなだらかな高山帯の雪原で、残雪期はハイマツが雪に覆われているため夏とは違った地形からの光景が喜べるのが魅力です。
そして、知床峠付近の雪壁も見ごたえがあります

羅臼湖スノーシュートレッキングに参加するにあったっての注意事項は、プログラム行動時間が長いため、各自で行動食(Lunchになるおにぎりやパンなど)を用意する必要があります。

また、服装はバックカントリーに対応するウエア上下やスノーブーツが基本となります。
アウターシェルはゴアテックス素材など防水・透湿性があるものが不可欠で、汗ばむほどの陽気もあれば、ガスが発生し氷点下近くなることもあるため、寒暖の変化に対応できるよう、重ね着とれる衣類の準備が必要です。

なお、この季節の知床は悪天候・不透明で危険が予測される場合もあり、途中引き返しもしくは中止判断をすることもあります。
安全確保につき、しっかりガイドの指示によって行動しましょう。引用

現に起きた事故

現に日本国内で中国のおもちゃを買って遊んでいた人がケガをして、リコールされた商品があります。
大阪における輸入販売元が中国から輸入したおもちゃで「灯るびゅんびゅんマスター」というものです。
プラスティック製の円盤に長いひもを通してあり、ひもの左右にリングが付いています。
こういうリングを左右にひっぱりひもを動かすため、円盤を高速回転して遠心力によって円盤の中にあるバネスイッチがついて、LED電球が点灯行う。

こういうおもちゃを高速回転して遊んでいた人、今回は子供に手本を見せていた大人でしたが、円盤の部品が飛散して、プラスティックの破片が目に入ってしまいました。
この人は角膜裂傷の重傷として病院へ入院となったそうです。
とても危険なおもちゃとなってしまいました。

事故の後に調べたところ、そのおもちゃをひび割れがある状態で使うと、割れてその破片が130キロ/時ものスピードで飛び散る危険性があることがわかったそうです。

一層日本でも人気の「ホバーボード」。
スケボーものの乗り物で人気があります。
中国製品のホバーボードをヨーロッパで、爆発の危険性があるとして輸入禁止となったこともあります。
完全充電するとオーバーヒートして、本体に発火したり、爆発したりする危険があるとわかったそうです。
2016年にはヨーロッパで、輸入を止めたのですが、現に世界中で中国のホバーボードが爆発したそうです。
2015年香港で、現に爆発事故がありました。
ホバーボードを充電していたら2時間ほどして忽ち爆発、家中に炎が広がって家が焼けてしまったそうです。
イギリスでは、子供が遊んだ後にホバーボードを充電、1時間ほどしたときに抱腹絶倒音がして見に行くと炎が上がっていたそうです。
その後ホバーボードはグングンどんと爆発、部屋が爆撃されたという惨状になってしまったそうです。
これらは、中国製のホバーボードの充電器、電池の品質の悪さが原因で起こったと言われています。
その後イギリスで検査を行うと、輸入した中国製のホバーボード、17,000台のうちで15,000台にも充電器や電池に異常があったそうです。
価格が短いからと言って、ノーブランドの商品や偽物商品を購入するとそんな危険な目にあい易いと思います。
購入の際には安全性を重視して、敢然と商品選びを通じていきましょう。http://www.moedercontracten.nl/

審美歯科は…

審美歯科という言葉を知っていますか?
審美歯科は、歯並びや歯の白い、健康的な口腔の美しさに焦点を当てた歯科治療のことです。
一般の保険治療は虫歯や歯周病などの機能回復を主な目的としているため、際立つ部分にもかかわらず金属を使用したり、変色しやすい素材を使うなど、保険の中での限られた治療しかできません。

しかし、歯には機能的な面だけではなく、美的な面も存在します。
「治療だけでなく、一層美しさを追求決める」というのが審美歯科の考えだ。

現在、歯の審美に関する治療のほとんどが保険の適用外だ。
元々保険診療は病気やケガを治すことを目的としてあり、美しさを取り返すための治療は自由診療となっています。

日本では、保険適用内の治療ならば全国いつの病院で受けても治療費は同じです。
ただし、自由診療の場合には治療費は病院が独自に定めることが可能なため、おんなじ治療内容も病院によって価格はものすごく異なります。
そのため、自由診療を受ける際には、価格の比較をすることも重要です。

また、一言で「審美歯科」といっても、さまざまなアプローチの方策があります。
ここからは歯の美観に関する代表的な3つの症状についてご紹介します。

美的に歯並びは大切なポイントで、重度の場合は顔にゆがみが生じることもあります。
一般的な歯列矯正での治療として次のような技法があげられます。

「ブランケットでの矯正治療」
歯に「ブランケット」という装置を取り付けて、そこにワイヤーを通す結果歯並びを治して行くという矯正方法をワイヤー矯正と呼ばれます。
費用は100万円程度で、こういうほかにも更に通院ごとに数千円の諸治療が現れることもあります。
最近では、強化プラスチックなどの目立たない素材を使う「透明ブラケット」や、外から見えづらい歯の裏側にブラケットを装着する「舌側矯正」などが増えてきましたが、金属製のものと比べて、価格はしばらく高めですことと、治療期間が長く上る場合があります。

「マウスピースでの矯正治療」
マウスピースを歯にはめる結果歯並びをゆるゆる改善していくという方法だ。
広いものではなく、引き立ちがたい色や形をしているので、周りに気づかれずに矯正することが可能だ。
料金は約40~100万くらいかかります。

「セラミッククラウンでの治療」
歯を削り取り、必要な場合は土台を立てて、その上にセラミックで作った人工歯をかぶせます。
セラミックは自然の歯とざっと見分けがつきません。
費用は1本あたり10~20万円程度だ。

「ラミネートべニアでの治療」
歯の表面を少なく削り取り、歯の色と同じセラミック製のシェルをはりつける技法だ。
費用の目安は1本あたり10万円程度だ。http://www.schaakweekutrecht.nl/

世界のOEM基地

世界の有名メーカーがいくつも、現地コストの短い中国へ受託製造を依頼する昨今、おもちゃ業界において中国は世界のOEM基地となっています。
韓国も中国から輸入やるおもちゃの量は急増していて、2013年から4年の間に倍にもなったそうです。
中国産のおもちゃの韓国の輸入金額を見ても、2017年は前年比12%もアップ、6億4500万ドルにもなります。
2013年は3億些かでしたから、4年で輸入金額が倍増してある。
韓国が輸入やるおもちゃの中で中国産のおもちゃは、2013年には59.1%の割合を占めていました。
それが2017年には72.8%にもなりました。
韓国国内で大人気のおもちゃ「ターニングメカード」も中国で生産したものをOEMという形で韓国の会社が仕入れてある。
韓国の子供の数は、日本と同様に低出生率の関係で静まり続けてある。
しかし一部の人気おもちゃによって、おもちゃ市場の規模は今もまったく拡大しているそうです。

日本や世界の有名なおもちゃメーカーも、中国の会社へ生産を依頼してある。
そのため世界のおもちゃ市場に占める中国産のおもちゃの割合は、やっと70%にも達しました。
世界のおもちゃ、その7割が中国製のものです、現代の中国の存在はとても高いことがわかります。

不景気の影響によって、ヨーロッパや米国のおもちゃ市場が低迷しています。
そんな中、ASEAN諸国やラテンアメリカ、東欧、などでは需要が伸びていて、中国の輸出先として重要な市場となっているようです。
世界の主要企業が伸び悩んで掛かる中、中国のおもちゃメーカーは成長していて、今後もさらなる成長が期待できるそうです。

世界のおもちゃ市場の規模は、8兆円〜10兆円ほどと推計されています。
おもちゃメーカーの販売の2017年世界ランキングを見ると、「トーマス」や「バービー人形」を販売する世界大手の「マテル」が1位の座をキープしています。
2位は、こちらも世界大手の「LEGO」、3位は「人生ゲーム」や「ジェンガ」などでバレる「ハスブロ」と、おもちゃ業界のトップ3がたっぷりキープしてある状況です。
続いて日本の「タカラトミー」や「バンダイ」が追い上げて要る状況となっています。こちら

ホワイトエッセンスのメニュー

業界平均よりも短い時間で安い料金で良い効果を得られるというホワイトエッセンスの誇るホワイトニングメニューを紹介します。

<オフィスホワイトニング>
「マイルドホワイトニング」…安い料金で歯を白く狙う人におすすめのメニュー。
ホワイトニング剤を1回塗って、光を1回照射、所要時間は半、料金は前歯12本で8,000円だ。

「スタンダードホワイトニング」…1度で白い効果を実感したい人におすすめのメニュー。
ホワイトニング剤を1回塗って、光を2回照射、所要時間は45分、料金は前歯上下12本で15,000円。

「ハイパーホワイトニング」…1度で最高に歯を白く狙う人におすすめのメニュー。
歯の茶渋とりを通じて、ホワイトニング剤を3回塗って、光を3回照射、ナノアパタイトコート。
所要時間は60分、料金は本数制限なしで70,000円。

<ホームホワイトニング>
初回はカウンセリングと、歯の型取りを通じて60分ほどかかります。
2回目に出来上がったマウスピースなどのスターターキットを受け取ります。
使い方などの説明に15分ほどかかります。
3回目は2回目から1週間ほどたったときに歯の状態をチェックして使い方のアドバイスなどを受けます。
15分ほどで終わります。

スターターキットには、上下のマウスピースとホワイトニング用の専用ジェルが1週間分入っています。
料金は15,000円だ。
その後はジェルだけを買うことができます。
ジェルは濃度特別料金が違っていて、1本1,800円〜2,100円となっています。

<デュアルホワイトニング>
「白い結果保証コース」…人気NO.1のメニューだ。
モデル級の040の白いが出るまで無制限に施術してくださるコースだ。
通院回数の目安は3回〜5回で、コース完了の目安としては月額〜3ヶ月となっています。
1回の所要時間は60分、料金はすべての歯を施術して98,000円、正規価格より30,000円少ないためお得です。

「パーフェクトホワイトニングコース」…20代、30代の人におすすめのコース。
初々しいほうが効果は素早くでます。
34歳以下の人ならばこういうコースで十分あこがれの白い歯になれます。
モデル級の040までにならなくてもA1くらいの白いになれればいい人におすすめです。
1回の所要時間は60分、料金はすべての歯を施術して76,000円。http://foucaultplus.org/

再生手術

歯周病は骨を溶かしてしまう恐ろしい病気だ。
歯周病治療には、溶けてしまった骨や歯を再生やる方法もあります。
重度の歯周病治療のところでも紹介しましたが、もう一度細かく紹介したいと思います。
一種注意していただきたいのは、骨の再生は個人差がかなりあるということです。
ふらつく歯を敢然と静止する状態へ回復させることが絶対にこなせるという保証はありません。
骨の溶け具合によっても再生のしやすさは変わってきます。
骨があごに対し垂直に溶けた場合には骨の再生はしやすいのですが、水平に溶けてしまった場合は再生はしにくいそうです。

<エムドゲイン法>
赤ちゃんの歯が生じるという原理による再生療法。
歯周病によって溶けてしまった骨を再生できる薬を溶けた骨部分へ入れて再生させます。
骨があごに対し垂直に溶けた場合で、骨の壁が周りに残っていれば行うことができる方法だ。
エムドゲインは、骨の再生スピードが至って素早いたんぱく質でできています。
歯周病治療の手術によって歯茎の中をきれいにしてから、エムドゲインのジェルを塗って菌が生えたときと同じ状態にする。
約月額は、歯茎へソフトで下さい。
GTRよりも簡単な方法で、しかも効果もあるため有効な方法だと言われていますが、保険外治療となってしまうのがネックで、費用が高額なのがデメリットだ。
エムドゲイン法にかかる費用は、5万円〜15万円くらいと言われています。
エムドゲイン方では、完全すべて再生することはできません。
半数から90%くらいの骨が再生行えるそうです。
手術で開いて中をきれいにしてから行うため歯茎は下がってしまいますが、歯周ポケットは浅くなるため悪いことばかりではありません。
エムドゲイン法は、糖尿病、骨粗しょう症の人はできません。

<GTR法>
歯周病治療の手術によって歯茎の中をきれいにしてから、メンブレンと呼ばれる保護膜として歯周組織の保護を行い組織の再生を促す方法だ。
歯周組織を再生するためには半年から通年くらい陥るそうです。
歯が再生できたらその後、保護膜を摂るために再手術をしなければいけません。
こちらは保険内診療となりますので、費用はエムドゲイン法より安くなります。
3割負担の場合で、100005千円くらいとなっています。
しかしながら膜が治療の際に感染しやすいというデメリットがあり、近年はエムドゲイン法の方が主流のようです。引用