秋に島根の小京都、津和野へ行く

秋にどっか行こうかなと、思案されているなら、今秋は必ず島根県の津和野へ心がけるのはいかがでしょうか。津和野は小京都と言われているだけあって、しっとり古めかしい町並みの、しかも古臭い歴史を感じさせる所です。紅葉もとても可愛いので、秋の風情を感じながら、のんぴり独自旅もいいかもしれません。

津和野へ行ったら、特に津和野の中心である殿町通りを散策しましょう。殿町通りは、古めかしい町並みを今も丸々残してあり、その情緒染みる町並みで有名です。白い土壁に面して貫く掘割(地面を掘って作った用水路)には清らかな水が過ぎ行き、そこを色とりどりの大きな鯉が泳いである。町の中に鯉が泳いで掛かるという風雅な情景を確かめるだけでも、感動します。初夏だと掘割の側に花菖蒲が咲き誇っていて、それは可愛らしいのですが、秋には秋らしき情緒とともにその鯉をながめているだけでも、心がなごみてしまう。

殿町通りには、古臭いカトリック教会、群庁跡、津和野藩家老の表門など、史跡が何やかや残されているので、それらを別個訪ねてみるのもいいでしょう。また、弥栄神社、太鼓谷稲成神社、郷土館もあります。太鼓谷稲成神社は、津和野の霊亀山の中腹における神社で、緑に囲まれた神社だ。赤い千本鳥居をの中に貫く階段をゆるゆる登って行きましょう。秋には優秀紅葉も楽しめますよ。

殿町通りに生じる料亭の「松韻亭」。ここは家老屋敷だった場所に作られた料亭だけあって、嬉しい日本庭園がある結果知られています。どの部屋からもその庭園が見れるように作られているので、紅葉に彩られた庭園を眺めながらお食事を取り去るのもステキだ。

もしも、津和野の紅葉をじっくり味わいたいとしていらっしゃるなら、堀庭園へ行くことをおすすめします。元々石見銅山で繁栄した堀氏の邸宅裏山を活かしして作られた、優秀回遊式日本庭園だ。国指定の名勝ともなっていて、津和野の主体から8キロほどの所にあります。書院造りの客殿「楽山荘」の2階へ昇ることができ、その2階の回り廊下から見下ろす庭園の紅葉は見事としか言いようがありません。もちろん、庭を散策することも出来ますから、真っ赤に色づいた紅葉を堪能しましょう。

アクセスは、東海道新幹線、新山口駅で下車、特急スーパーおきに置き換え、津和野駅で下車行なう。参照サイト

アップカートリフト

アップカートは海外で誕生した運搬作業に便利な3輪キャリーカートで、正規アドバイザーとなっているダイレクトテレショップで販売されているアップカートは、最大耐荷重45kgと個人で運ぶ分には十分な重さに対する耐性があるものです。これに対してアップカートリフトは、最大耐荷重は約90kgと再びつらい荷物をラクラク運搬とれるものとなっています。

アップカート、アップカートリフトともに3つの車輪のローテーションで段差をスムーズに乗り切れるため、運搬ときの身体にかかる負担を軽減して貰える。4つの車輪がずっと地面に接しているためリライアビリティが厳しく、上の車輪が段差を越える間に、下の車輪がしっかりとカートを持ち上げます。このため重いカートを掲げることなくひっぱるだけでラクラク移動できます。
2輪タイプのカートよりも安定したバランスを保つため小回りも利き、曲がり角・急斜面・凸凹道などさまざまな道に対応してあり、スムーズに移動できます。
何より段差や階段でその威力を発揮してくれるため、階段のあるご家庭で上の階へ重量のあるものを運ぶ場合におすすめです。またキャンプやアウトドアも活躍してくれるでしょう。

アップカートリフトの最大耐荷重は90kgですが、アルミ製で本体重量は単に5.4kg程度となっています。がたいは、展開時が54×65×127cmで、収納時63x12x60cmだ。このように収納ときの厚みがちょっと12cm程度になるため、収納場所もとりません。簡単に折りたたむことが出来、車や玄関先などに収納してもよっぽど邪魔にならないサイズ感も魅力です。
ハンドル部分は、ハンドル高さ127cm・120cm・113cm・106cmの4段階調節が可能なので、身長や荷物のがたいによってピッタリな高さに調節できます。また、ハンドルは両手でしかり握れるグリップだ。

アップカートの正規アドバイザーですダイレクトテレショップでは最大耐荷重45kgのアップカートが通常税込み15,984円プラス送料1,000円で販売されているのに対して、最大耐荷重90�sのアップカートリフトは、インターネットで調べてみたところ、最安値が税込み13,780円(送料無料)で販売されていました。www.debweb.nl

紅葉と紅葉について

日本の秋と言ったらやはり紅葉だ。
秋が深まってくると紅葉シーズン到来で、デートスポットもたくさん登場してくる。
関東や関西だけではなく、日本に紅葉スポットが有ります。
別に関西ではデートスポットというだけでなく、名勝としても紅葉狩りが遊べる様でオススメの場所だ。

パソコンで「こうよう」と打っても「もみじ」と打ってもおんなじ「紅葉」という文字が出力されます。
違う読み方なのにおんなじ漢字を書くのですが、その意味は違うと言うのはご存知でしたでしょうか。

【紅葉(こうよう)】
これは落葉樹が秋から冬にかけ、樹から葉が落ちる前に赤や黄色に色が変わっていくときの事を指しています。

【紅葉(もみじ)】
楓(かえで)の仲間で特に色を入れ換える種類の事を「もみじ」と呼んでいます。
その為、もみじもかえでもカエデ科カエデ属の植物という事になります。
そのカエデの中でも子供の手の様な形をした葉の事をそれほどもみじという様に区別して一派的には呼んでいる様です。

この様に紅葉(こうよう)と紅葉(もみじ)には違いがあるという事がお分かりいただけたと思います。
通じる様で、意味は違うのですね。
紅葉(もみじ)は一部中国や朝鮮半島に自生している種類もある様ですが、基本的には日本で自生している様で、桜と並ぶ日本を代表する植物と言って良いみたいです。
対して楓(カエデ)は世界中に自生してる様で、カナダの国旗にも使われていますよね。
英語で「かえで」は「メープル」と呼ばれていて、かえでの樹液から作られたシロップがメープルシロップになる様です。

日本では「もみじまんじゅう」が有りますね。
これは紅葉を使っているのではなく、もみじの形をした人形焼きの様な物で、宮島名物のお菓子となっています。

「紅葉狩り」も本当は「もみじ」をいくというではなく、紅葉(こうよう)やる様子をいくというのが正解かもしれませんね。
愛らしい色合いの木々を眺めながらドライブしたりデートと秋ならではのイベントだ。
よく考えた事がない「もみじ」と「こうよう」ですが、ちゃんと考えてみると意味も違っていておかしいですよね。https://www.designer-cake-creations.co.uk/